未分類

中年男性の気楽なひとり旅!茨城県、パフェを食べる、おすすめスポット!

ふと、自然が豊かなところに行きたくなって、快晴に恵まれた週末、茨城県北部におひとり様日帰り旅行に行ってきました。

個人的な意見として「おひとり様」に対するイメージはあまり良くない。

「家族連れや、友人同士で賑いのあるところに、一人ぼっちでは気まずい。」

と不安が多少ありましたが、とりあえず車で行ってみました。

茨城県北部の山沿いにある、大橋と袋田の滝へ

東京から車を走らすこと約2時間。

山奥に大自然に囲まれた大橋に到着した。

「大橋」はバンジージャンプのめっかとして有名なスポット。

辺りを豊かな自然に囲まれ、深呼吸すると澄んだ空気がとても美味しい。

時より聞こえてくる鳥のさえずりも心を和ませてくれました。

そんな中、「バンジー!きゃぁー」と叫び声が山間にこだまする。

ふと見ると、遠めからは、橋から米粒ぐらいに見える人が橋からジャンプ。

橋に近づき、実際にはに渡ってみると足が震えてしまうぐらいの高さに仰天。

ですが、橋から下を覗き込むと恐怖感を感じる一方で顔を見上げると周囲の美しい景色に感動。

感動。

なんだか微妙な、そして複雑な雰囲気のある神秘的なスポットでした。

続いて袋田の滝へ

大橋のすぐ側。

車で10分もかかりません。

壮大な自然から流れる滝が美しいの一言で、まるで芸術作品のようでした。

そこから広がるマイナスイオンたっぷりの水しぶきがとても心地いい。

気がつくと、もう「おひとり様」という後ろめたさはなくなっていました。

むしろ、「おひとり様」をエンジョイしている自分がいました。

念願のパフェを食べる

車を走らせ茨城県北部の内陸部から海沿いの高萩市へ。

すると海沿いにある喫茶店を発見。

お店の名前は「詩恵里館 」。

広大な太平洋をバックに、ハワイを思わせるようなお店の外観。

お店に入ると、優しそうなマスターが笑顔で「いらっしませ!」

メニューを見たら、パスタやロコモコ、ハンバーグがとっても美味しそう!

その中でも、私の目に特に輝いて映ったのは、「モカパフェ」

生クリームを先頭に、いろんなコーヒーアイスが何重にも重なった、パフェ。

私はパフェは大好き。

でも、「大の男がパフェなんて!」と思われそうで、ひとりでは食べたことありません。

ですが勇気を出して。

「ごゆっくりどうぞ〜」と目の前に置かれたモカパフェに感動。

口に含むと、濃厚な生クリーム、何層にも連なったコーヒーアイスにほっぺがこぼれおちる。

そして、太平洋から流れる爽やかな海風、ザワァーと波打つ海の音が心を癒してくれました。

その時点では完全に「おひとり様旅行」に対する抵抗感は消えていました。

後から調べたところ、「詩恵里館 」は地元では美味しいと有名で人気があるカフェだそうです。

ですが、そんなに混雑していなかったので、茨城県に行く際には、オススメできる穴場スポットです。

本当は内緒にしておきたいのですが。